7月19日

夫、18日に採血、採尿、CT後診察でした。
アブ+ジェム3クール目1回目の予定でした。
血液検査結果は前回よりすべての数値がよく、腫瘍マーカーも少し良くなっていました。しかしCT結果で、膵臓のがんは少し小さくなっていたものの、
医師「腹水があり、腹水の病院で抜いたのに(9日)もう腹水がたまってきており、
アブ+ジェムの効果はなし、体力を消耗するのでこれでやめて、生活を充実させた方がいい」
現在転移はどこにあるのかきくと、
医師「腹水に効くと思ってアブ+ジェムに変えた。どこに転移があるかを調べていない、腹膜播種はとても小さいので見えにくい」

とのことでした。
夫「これは効いてないから、続けない方がいいということですか?」
医師「続けても体力を落とすだけです」
本人は抗がん剤の副作用がそんなには辛くないようで、続けたかったのですが、効いてないの一点張り。

私「先生、TS1、S1はどうですか?この科のパンフにある、使用している抗がん剤一覧にあったものですが」
と聞くと処方してくれました。診察を終えました。混んでいるから早く切り上げたい感じでした。仕方ないけど辛かった。


その後、別テーブルで看護師さんが次回緩和ソーシャルワーカーと診察にむけて説明してくれるとき、
夫「先生が患者の身体に負担だからと仰るのはわかるが、現在まだ2クール6回しか受けてないのにやめるのが早いと思う、セカンドオピニオンを受けたい」と言いました。
データと書類を手配してもらおうと頼むと、看護師さんが今日は混んでてすぐ出せないので、セカオピの予約が決まったら電話してほしい(又取りに来いということ・・)とのことでした。
夫「あの先生、最初に一ヶ月と言ったときから、こいつもうだめだな、って顔してた」
と言ってました。
私「AIの方がいいね、ああゆう対応なら。体重と血液数値入れて抗がん剤割合を出すこと未来はできるようになる。人間が人間に診てもらうことって、SF映画エリジウムとかみてわかるように、やっぱり人に治してほしいからなんだけどね」

 

夫はとても痩せちゃいましたが、アグレッシブに攻めていきたい気持ちがあるのだと思います。おとといはあまり食べれないのにカレーを作ってくれました。

・自宅近所の連携医、訪問医決める。8月1日までに。
・夫はセカオピしたい。
・来週は久々の追加接種免疫ワクチンのクリニックにも行く予定。
・腹水の今後の相談。

最善を尽くしたい。
尽くします、尽くすとき、尽くせば、尽くそう、尽くせ!
熱く、でもカッとならずに冷静に励行しようと思います。

散文すみません。お読みいただいて、ありがとうございます。

 

勉強させていただいてます

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

 

f:id:as1234567:20180719015023j:plain