8月11日

夫、週に2回入院
さっき見た帰宅中の夕焼けが綺麗でした。 

 

6日 CARTの為入院 プレドニン点滴

7日 腹水10.2リットル抜いてもらい1400ccアルブミングロブリン戻しと輸血。

8日 尿も良く出て、血液数値も安定していて退院。私は手続きの為夫の会社に。私の父が夫を帰宅させてくれる。夫、腹水を抜いた後はよく食べられる。 夜うな丼弁当 味噌汁

9日 調子良く、朝はいつものリンゴとヨーグルト、昼は冷やし中華
 夜7時ごろ嘔吐、主治医の病院に電話、当直の先生に相談、すぐ病院に行こうと言ったが、本人が「そんなことしたら疲れて死んじゃう」と言うので様子見。TS1服用やめておく。36.2 120/86と落ち着いている。

10日 落ち着いている。朝ヨーグルト 朝から少し戻してるが大丈夫と本人。昼、夕方、緑の胆汁っぽいものを吐いたので、夫を説得して病院に電話、来てくださいとのことで、緊急外来。採血、レントゲンの後主治医診察。採血結果とレントゲンでは変化ないが、脱水を防ぐ為入院。主治医が病棟に顔出してくれて「2、3日で落ち着くと思います」と言われる「急にどうこうということはない」とのこと。私「食べ過ぎてしまたのでしょうか」主治医「いつもは休薬時にCARTしてますが、今TS1飲まれてるのでそれが身体に蓄積して血中濃度があがり副作用が出た為だと思います。しばらくTS1やめておきましょう。腸閉塞出てません」
11日 鼻に管が通されてるのでどうしたのときくと、また緑色のを吐いてしまったとのこと。はじめてもらったセルロイドの指輪を見せて「これ覚えてる」ときくと頷いた。私、当直医に「主治医からモルヒネ系は腸閉塞になりやすいと言われました」と伝える。夕方38.1なのでロキソニン系点滴いれてもらう。廃液は400mlそのあと200ml
だんだん胆汁色になり少なくなってきた。よかった。「私泊まったほうがいいですか」ときくと当直医「その心配はないと思います」とのこと。
私の疲労がピークになってきたので帰宅。

私、10日に心臓エコーと心臓造影剤CTをしてきた。心臓造影剤CTは、脈を下げる薬を飲まされデジタル腕時計のようなのをはめて脈が60以下になってから行った。帰りテイクアウトでスタバのマンゴーフラペチーノ久々に飲んだ。前に飲んだ時はこんな気持ちで飲むと思わなかった。親に夫のことが心配となげいていたら「あなたが具合悪くなっても誰もみられない、自分をしっかりもちなさい!」と言われる。ドライな感じで励まされるの勇気でます。

 

 

 拝読しています

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村